美容整形の保険適用の情報

美容に保険適用できる場合

普通美容整形などは保険適用外です。永久脱毛、しみ、二重まぶたやシワ取り手術などは美容が目的なので適用されません。しかし事故や怪我による症状には保険適用されます。火傷跡の再生などは適用範囲内となります。がん手術で乳房摘出などの場合には乳房の再建は適用されます。どこまで適用されるのかはこと細かく決められていますので、医師に相談することが必要となります。事故や怪我で鼻や顎が骨折した場合で治療するのとでは大きな違いがあります。すべてがだめだとあきらめないことです。歯科診療でインプラントはだめだけれど、義歯は対照になるなど違いがあります。美容整形の医師と相談することが必要です。

整形でも保険適用は可能です

たとえば美容外科で整形手術を受けるとか、その他皮膚科での脱毛や歯科での矯正など、審美上の理由で治療を受ける場合は、保険適用は行われません。すべて費用は自腹になります。ただしこれはクリニックによっても異なり、個人経営の外科などでは保険適用内で施術をしてくれる所もあります。気になる場合には、自分が手術を受ける、あるいは矯正を受ける予定のクリニックに問い合わせるなり、カウンセリングを受けるなりしてみるといいでしょう。また、たとえばまぶたのたるみやあごの変形などは、病気と診断されて、保険が効く場合もありますので、その意味でも問い合わせをするのがお勧めです。それ以外にも、悩みや症状によっては、美容整形外科で保険の適用と適用外を併用した混合診療が受けられることもあります。